「QUREOプログラミング教室」がオンライン授業に対応 「双方向型」と「自立型」の2つの形式を用意、まずは500教室でスタート

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、株式会社スプリックス(本社:新潟県長岡市、代表取締役社長:常石博之)との合弁会社である、プログラミング教材の開発・運営・販売事業を行う株式会社キュレオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、運営する子ども向けプログラミング教室「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」において、オンライン授業に対応開始したことをお知らせいたします。国内外に展開する1,700教室のうち、まずは約500教室でオンライン授業をスタートいたします。

 

今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の延長を受け、全国各地で小学校や塾、習い事教室などの休校延長が決定され、再開の見通しが立たない状況が続いています。子どもたちの学習機会が失われていることが社会的な課題となるなか、「QUREOプログラミング教室」では、講師・子ども双方の安全と、プログラミング学習機会の確保を両立するべく、生徒が自宅で受講できるプログラミング学習のオンライン授業を開始することを決定いたしました。

 

「QUREOプログラミング教室」では、当社が開発・運営する小学生向けオンラインプログラミング学習教材「QUREO(キュレオ)」を利用した授業を行っています。「QUREO」は、本格的なプログラミングの基礎が身につく自主学習サービスで、ガイドキャラクターによるナビゲーションや、丁寧な説明動画など子どもが楽しみながら自発的に学習を進められることが最大の特長です。また、講師向け機能として、生徒ごとの学習進捗度と項目別の習得度がオンラインでわかるため、講師は生徒の学習状況を把握しながら指導することが可能です。

こうした「QUREO」ならではの強みを活かし、「QUREOプログラミング教室」では、ビデオ会議システム等を活用した対面式のオンライン授業を行う「双方向型」や、生徒の自学自習を遠隔でサポートする「自立型」などの形で従来の授業と同等の学習指導を行います。

 

「QUREOプログラミング教室」は、2019年4月より全国各地への展開をひろげ、2020年4月末時点で全国47都道府県およびタイ、マレーシアに約1,700教室を開設し、小学生を対象としたプログラミング教室事業者において、教室数国内NO.1の規模となりました(※)。この度開始するオンライン授業の取り組みにおいては約500教室が対応し、今後さらに対応教室を増やしてまいります。

 

現在、政府から企業などにテレワークの要請が出されており、今後様々なイベントや、学校の授業などもオンライン対応が進んでいくと予想されます。当社は、「QUREOプログラミング教室」のオンライン授業が子どもにとってプログラミング学習を継続するための機会となるだけでなく、「オンラインで学ぶ」また「テクノロジーの力で課題を乗り越える」という経験を積み、IT社会で生きていくためのリテラシーを育む機会となるものと考えております。これからも、子どもたちの“学びを止めない”ためのサポートを全力で実施してまいります。

※ 2020年4月時点当社調べ


▼オンライン授業(双方型)のイメージ

▼オンライン授業(自立型)のイメージ

■子ども向けプログラミング教室「QUREOプログラミング教室」

公式サイト https://qureo-school.jp/


■オンライン授業対応教室一覧はこちら(35都府県及び海外含む523教室 / 2020年5月中対応開始予定含む)

 ※ページ下部参照 https://qureo-notice.amebaownd.com/posts/8085509

 

■小学生向けプログラミング学習教材「QUREO」

公式サイト https://qureo.jp/


■株式会社キュレオ 概要

社  名 :株式会社キュレオ

所在地  :東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア

設  立 :2019年4月1日

株  主 :株式会社CA Tech Kids 60%、株式会社スプリックス 40%

代表者  :代表取締役社長 上野 朝大

事業内容 :小学生向けプログラミング教材の開発・運営・販売事業


■本件に関するお問い合わせ先

株式会社キュレオ 広報担当

Tel:03-4218−0011

E-mail:qureo_business_support@qureo.jp



▼オンライン授業対応教室一覧表(35都府県及び海外含む523教室 / 2020年5月中対応開始予定含む)

0コメント

  • 1000 / 1000